「りんの田舎暮らし」は年収2千万円超えの超戦略家だった!

りんの田舎暮らし、りんがキャンピングカーで卵を持っている画像
引用元:Instagram

月収が1280ドルだとYouTube内で解答し話題となっている、りんの田舎暮らし運営のりんさん。

チャンネル登録者数や再生回数から、嘘だろという声や、撮影がプロ並な事からヤラセなどの声が上がっているようです。

その辺を調査していきたいと思います!

目次

1|りんの田舎暮らし 収益は年間2千万円超え

−1|月収1280ドルは収益の1割

YouTube内での質問でも解答されており、りんさんご自身のnoteにも書かれていますが、
沢山再生されているショート動画は収益が取れないそうです。
※2023年初頭以降、収益化が実施されるそうですが条件のハードルが結構高めのようです。

りんさんは編集や音楽にとてもこだわりがあります。そのため、使用料の高い中島みゆきさんなどの楽曲を使用しており
使用量が収益から差し引かれているそうで、それが収益の9割にも及ぶと発言されています。

そのため、2022年10月に配信した動画内で収益は1280ドルだったと解答されました。

流石に9割使用料で持っていかれるというのはあり得ないのかなと思いますので、
UUUMへの配分や諸々経費を差っ引いてという事なのかなとは思いますが。

−2|YouTubeメンバーシップ収益

引用元:YouTube

りんさんは、YouTubeのメンバーシップ会員向け配信を月額990円で提供されています。

YouTuberは7割が収益になるそうで、そこから現在所属となっているUUUMに仮に3割を持っていかれたとしても

4割はりんさんの利益となりますね。

現在登録者数が40万人を超えていますので、その1%がメンバーシップ会員になったとしても
単純に1,584,000円がりんさんの利益として毎月入ってきている事になります。

1%=4000人×990円=3,960,00円 の4割で計算してみました。

そして、158万円を×12したら、1896万円となります。

−3|再生収益+メンバーシップ収益で2千万円超え

動画再生の部分では上記に述べた通り実際手元に入ってくる金額は少ないのかもしれませんが、メンバーシップでの収益と合算すると、

2000万円を超えてくる事になりますね。

その他も、アルバイトやメルカリ収入もあるようですよ!

−4|寄付やヤマメの放流、機材購入などで支出が多い

りんさんは、YouTube収益を全て北海道の自然に寄付したり、収入はヤマメの放流に使用したりされています。

自身の身の回りの生活を潤わす事よりも、恩返しや好奇心へお金を使う事で手元に残らず貧乏。という結果のようです。

また機材はどれもそれなりのお値段がするであろうものを使用されていますが1280ドルの収入があれば買えなくは無いですし、商売道具なので納得ですね。

2|りんの田舎暮らしは戦略的

−1|自身の見せ方を攻略している

引用元:Instagram

りんさん自身チャームポイントと聞かれて答えていた「目」はとても神秘的で魅力的ですよね。
なんとも言えない表情と合わせてあの神秘的な目でじっと見つめるスタイル。

そして、貧困暮らしという点をうまく利用してか持ってきた洋服のバリエーションがほぼ無い。

そのため、胸を強調するようなタイトな黒いトップスと、デニムのミニスカートの組み合わせが多く、身体のラインが強調されているのです。

引用元:Instagram

男性は勿論のこと、女性も体型は潜在的に気にしている事からおすすめページにりんさんのサムネが出てきたら、無意識にクリックしてしまう、うまくできた戦略だと思います。

そして、入口まで導いた後は独自の世界観と、編集技術の高さで先を見たくなる戦略が散りばめられていることから、話題性も呼び離脱率は低いのではと思われます。

−2|男女問わずターゲットを絞れている

りんさんのチャンネル登録の男女比率は
男性65%、女性35%だそうです

意外にも女性の割合が多いんだなと思ったのではないでしょうか。

ここも戦略化「りん」の顔がチラつきますね。
しっかりとターゲットを考えて創作されているように思います。

あくまでも筆者の見方ですが、下記のような年齢配置ではないでしょうか。

−3|男性登録者は40〜50代

引用元:Instagram

容姿が良い点は前提に、男性がついクリックしたくなるようなサムネだったり、実際胸を強調する角度での撮影も多く、常にミニスカートからスラリとした足を出されています。

「主食が山菜から魚に変わったので少し太った」
というナレーションに合わせてバスト付近まで服をまくってウエストを測るシーンを作る。

温泉作戦としてなんとも言い難い白い衣装で自家製風呂に入る映像を流す。

と、グレーとまでも言わせない内容で、登録者数を増やしていく上手な演出だなぁと感心さへします。

恐らく(想像の域)ですが、田舎暮らしをする事になった背景も相まって、40〜50代の男性層はガッチリ掴んでいるのかなという印象を大きく受けます。

−4|女性登録者層

女性登録者層に関しては、中々調べきれませんでした。
そのため、筆者の予測にはなりますが、10代〜20代前半と40代以上に。別れるのかなという印象。

10代〜20代前半に関しては、時代の流れに合わせてどう働くのか。インスタやTikTokで見るキラキラ女子ではなくナチュラルな美人と圧倒的クリエイティブ力に魅せられているように思います。

こちらに関しては、情報が収集できましたら更新していきたいと思います。

−5|高額アイテムも敢えて

引用元:YouTube

りんさんの収入が実は高く、貧乏ではないという噂の要因として、映りこむ機材やアウトドア用品が高額な商品である点があります。

こちらも貧困と謳っているのに何故?と、話題を呼ぶことは織り込み済みなのではないでしょうか。

それにより、検索者数は間違いなく増えますし、さらにはそこから本当にりんさんのファンになる方も居ると思います。

引用元:YouTube

実際、編集には相当こだわりがあるという事で、機材などにはお金をかけているのだと思います。

機材を置く台が段ボールなのも、戦略の一つなのでしょうね。

3|りんの田舎暮らし編集がプロ並み

−1|編集技術が高くて詐欺疑惑

りんさんが詐欺なのではと言われる理由

✔️撮影・編集を全てカメラ1台で1人で行なっていると言っているが、編集レベルが高いため、業者が居るのか。という疑惑

✔️ 本当は業者が居るから機材の量がすごいんだろう。という疑惑

✔️ 彼氏が撮ってるのか疑惑

と疑惑を向けられているのですが、全て1人で作業をされているそうです。

りんさんご本人がnoteでこういった声に対して誤解を解くべく書かれています。

カメラを何台も使って撮影しているというコメントをいただきますがカメラは1台です 

オープニングでどのアングルでもコップの鶴が正面を向いているのでご確認ください 

1台で撮影している証拠と遊び心で鶴が正面を向くようにしています

繋がってる1シーンと思う場所でも常にカット割りをしていて全て別撮りです 

髪を結ぶシーンなら10アングルから10回結んで撮影した10クリップから各1部分を繋げているので、よく見ると左右の手や前髪の位置が違ったりします

りんnote

三脚固定撮影でも動きのあるエフェクトで映像表現したいのですが「彼氏が撮っている」というコメントをいただいたので控える表現手法になりました 

ケンバーンズ、ハンドヘルド、ドリーズーム、自作エフェクトなど臨場感や動きを感じる映像が好きですが1話目のコメント欄で「誰が撮っている?」と多くの誤解が生まれました

りんnote

たまに撮影をお願いする事はあるそうですが、その際はちらっと撮影者を映像に写し込むようにしているそうです。

−3|YouTuberスーパーナブラの動画と酷似している

引用元:Instagram

スーパーナブラさんの動画とりんさんの動画が似ている事から、パクリ疑惑が浮上しています。

北海道移住事にお世話になったスーパーナブラさんにりんさんが動画編集を教えているようです。

それにより似ている動画となっているようですね。

引用元:Instagram

りんさんは学生時代から趣味でショートムービーを作成するなど、映像編集には長けているようです。

こだわりも強く、一つの動画を何日も掛けて作成をしているそうです。

まとめ

✔️ りんさんは年収は2千万円以上
✔️ 寄付や活動に支出が多く結果手元にはお金が残っていない
✔️ りんさんは相当戦略家である
・自身の見せ方が上手い
・ターゲットを理解している
✔️ 編集技術が高い

コンテンツとして競合介入はそう無いだろうテーマな事もあり、これからも登録者数を増やしていくと思われます。
今後は執筆活動もするそうなので収入源はさらに増えていきそうですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次