大内悠里が本命急浮上の理由は匂い?バチェラーはいつ好きになった?キャバ嬢テクニックか

バチェラー参加の大内悠里の画像

バチェラーシーズン5では、大内悠里さんが怒涛の展開を見せていますね!

しかし、視聴者はバチェラー長谷川恵一がいつそんなに好きになった?

といった、疑問を持っている様です。

もしかして匂いの効果は絶大なのか、キャバ嬢のテクニックなのか。

なぜ、大内悠里さんが急浮上となったのか見ていきたいと思います。

*一部ネタバレを含みますのでご了承ください。

目次

1|長谷川恵一は大内悠里をいつ好きになった?

大内悠里さんは、レッドカーペットで長谷川恵一さんとの出会いのシーンから泣いていました。

緊張しすぎて、うまく喋れず泣いてしまうというシーンも印象深いですよね。

2ショットでもぎこちなく、まだ恋愛といったっ空気では無かった2人。

であれば、いつ好きになったの?

−1|ストールンローズを受け取った時

ストールンローズを受け取りを見て悲しそうな大内悠里の画像

エピソード5でストールンローズの存在により2ショットデートが大内悠里さんから竹下理恵さんへ。

バチェラーの選択とはいえ、

バチェラーは大内悠里さんとの別れ際に、

大内悠里さんと時間を過ごしたかった自分の気持ちが想像以上に大きい事に気がつき存在が大きくなった。

可能性は、多いにありえるでしょう。

別れ際も「お預け」というワードをチョイスした時点で次の駒に進むみ2ショットが待っている事は確定していたと思います。

−2|放送ではエピソード6の終盤

バチェラー長谷川恵一と大内悠里の画像

バチェラー長谷川恵一さんが、大内悠里さんへの距離の取り方が急に変わったのが、

エピソード6でのツーショットデート

お預けと言っていた2ショットをしっかり実行したメキシコ最後の2ショット

そして、過去シーズンのバチェラーを見ているかのように積極的なハッセ、

好きです

と伝えて、打ち上げ花火を用意。

さらには、

大内悠里にサプライズローズを渡すバチェラー長谷川恵一の画像

もう一発泣かせてていい?

と言い、サプライズローズを渡しました。

このデートまで、好意はあるであろうが、ぎこちない距離感を続けてきた2人。

視聴者は、え?なんで?

いつそんな好きになってたん?

と、困惑となった2ショットデートでした。

−3|視聴者の意見

2|大内悠里が本命旧浮上の理由

−1|見た目が可愛くタイプ

バチェラー参加大内悠里の画像
引用元:YouTube

大内悠里さん、非常に顔が可愛いです。

長谷川恵一さんは、単純に最初からタイプだった可能性は高いでしょう。

自分の気持ちをうまく伝えられないと、判断材料に欠けるためどうしても脱落の可能性が高くなる番組ではあります。

にも関わらず、残り続け、時間を作ろうとしてきたバチェラーを考えると、タイプである事からもっと知りたい。

という、気持ちがどこかにずっとあったのかもしれませんね。

−2|ハッセの振り向かせたい欲に火がついた

大内悠里と長谷川恵一の画像

大内悠里さんは、バチェラーを前にするとどこか挙動不審になり目もキョロキョロ。

本当に水商売をしていたのかと思ってしまうほど男性に慣れていない様子が映し出されてきました。

しかし、バチェラーに自分を知ってもらおうと必死で話をする姿も沢山映されてきました。

バチェラー長谷川恵一は、

大内悠里さんが、自分に向き合おうと頑張る姿と、

まだ自分に恋をさせられていない。

という部分に火が灯った可能性は高いでしょう。

実際、序盤の2ショットデートではハグを若干拒否?され、気持ちが入ったと言っていました。

−3|お香の匂いの効果

長谷川恵一にお香の匂いを嗅がす大内悠里の画像

恋に落ちると恋人のさまざまな匂いを意識したり好きになったりする事があります。

また、これどっかの匂いと同じ!といった現象に遭遇した事はないでしょうか。

長谷川恵一さんは意識していないが、お香の匂いにより、大内悠里さんが脳内に居る時間が増えていった。

のかもしれません。

大内悠里さんが、出会いでバチェラーに渡したお香を自身のヴィラで使用していました。

初の2ショットデートもお香を炊きながらでしたよね。

意識していない内に、意識せざるおえない脳になっていたのかもしれませんね。

−4|元キャバ嬢の戦略勝ち

キャバ嬢時代のバチェラー大内悠里の画像
引用元:Instagram

大内悠里さんは、元キャバ嬢でトップも取っていた方だそうです。

そして、今は飲食店を多数持つ経営者。

男性の心理はわかっているはずですし、戦略もしっかり立てられる方だと思います。

もし本当に戦略だったとしたら、距離の縮め方は賭けなところもあったと思います。

しかし、以下の様な考えがあったとしたら・・・

  • このくらいの詰め方で行けば、まだ知りたいからセレモニーでローズ獲得は安パイ。
  • 終盤で2ショットデートが回ってくる→サプライズローズもらえる。
  • ラストのラストは、好きをしっかり伝えて畳み掛ける?

計算通りすぎて、最後も計算通りに行くかもしれませんね。

しかし、

許可する

という、パワーワードが作戦なら凄すぎて、もはや弟子入りしたいレベルですね。

ある意味、竹下理恵さんのストールンローズは計算外の大きな援護射撃だったのかもしれません。

−5|ハッセがバチェラー出来る相手だった

バチェラー長谷川恵一と大内悠里の画像

これまでのバチェラーとは違うという触れ込みを本家も色濃く出してくるほどのシーズン。

バチェロレッテの不器用で優しい長谷川恵一が色濃く出ているシーズンになっています。

しかし、そんなバチェラー長谷川恵一が

メキシコ最後の2ショットで大内悠里さんに見せた態度が過去バチェラーのようだった。

といった感想も多くある様で・・・。

男、長谷川恵一の女子を守ってあげたい、俺について来い!

という、バチェラーっぷりを出せる相手である事がこれまでに無い経験から新鮮で楽しく思えたのかもしれませんね。

実際、彼女の言動一つ一つが味わった事のない感覚にさせてくれる。

と、バチェラーは言っていましたね。

バチェラー他の記事も読んでくださいね!

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!
目次