林芳正の学歴と経歴が凄い!東大卒の超エリートはバンドマンで三井物産出身!大臣も歴任

自民党所属で数々の大臣を歴任してきた、林芳正(はやし よしまさ)氏。

父親も衆議院議員で大蔵大臣を務めた林義郎氏。

きっと、頭脳明晰な事が間違いなさそうな匂いがプンプンです。

という事で、今回は林芳正氏の、

✔️華麗な学歴
✔️華麗な経歴


について、見ていきたいと思います!

目次

1|林芳正プロフィール

−1|プロフィール

https://headtopics.com/jp/265192280630456459933-22622625

名前:林芳正(はやし よしまさ)
生年月日:1961年1月19日
出生地:東京都
妻:裕子さん
子供:娘(温子さん)

政治家一家に生まれ育った林芳正氏。

血縁の方々が錚々たるメンバーです。

  • 父親:林義郎(元衆議院議員)
  • 祖父:林圭介(元衆議院議員)
  • 高祖父:林平四郎(元貴族院銀・元衆議院議員)
  • 曽祖父:俵田明(宇部興産創設者)
  • 義叔父・広瀬勝貞(大分県知事)

−2|バンドマンの一面

なんと、国会議員で構成するバンド「Gi!nz」で、ボーカルやピアノを担当しています!

性格は温厚だと言われているそうで「困った時の林芳正」なんて言われていたりもするそうです。

2|林芳正の学歴

林芳正氏の華麗なる学歴を見ていきましょう!

−1|小学校〜高校

下関市立文関小学校

1973年3月に卒業

下関市立日新中学校

1976年3月に卒業

山口県立下関西高等学校

1979年3月に卒業
偏差値は68と、とても高レベル!
山口県内では3位の学力という学校です。

意外にも公立校に通っていた様ですね。

とある口コミでは、公立中学校にしては学力が高いといった書き込みもあるようですね。

−2|大学

https://jf50.jpf.go.jp/messagelist/yhayashi/
東京大学法学部

1984年3月に卒業
一浪もしくは一年留年をしたと思われます。

ハーバード大学政治学大学院

1991年1月に特別研究生として渡米。
東大卒業から期間が空いているのは、社会人として働いていたため。

ハーバード大学ケネディ行政大学院

1992年に入学
1993年に父の大臣政務秘書官となるため、休学して帰国する。
1994年2月に復学し、6月に卒院。

何だか、凡人からすると気が遠くなる様な学歴ですね。

3|林芳正の経歴

これまた凄い林芳正氏の経歴を見ていきましょう!

−1|政治家になる前

1984年:三井物産株式会社に入社

物資部タバコ課にて各国を視察していたそうです。(アメリカ、タイ、ギリシャ、トルコなど)
1989年に退職。

1989年6月:サンデン交通に入社

サンデン交通は林家のファミリー企業だそうで、社長秘書として勤務していたそうです。
1990年に退職

1990年:山口合同ガスに入社

工務課にてガス事業に携わっていたそうです。
恐らくは、1991年に退職。

1991年:米下院議員のスタッフとなる

同年ハーバード大学院入学のため渡米しており、下院議員のスティーブ・ニール氏の銀行委員会スタッフを務めています。

1991年:米上院議員のアシスタントとなる

下院議員の職務を終え、上院議員の国際問題のアシスタントを務められたそうです。

三井物産こそ5年ほど働かれた様ですが、その後は転々とし知識を積んでいったようですね。

−2|政治の道に進み出してから

https://www.nikkan-gendai.com/articles/image/life/297622/175068
1993年:父の大臣秘書として始動

大学を休学し帰国、大蔵大臣に任命された父、義郎氏の大臣政務秘書官に任命される。

1993年:国会議員政策担当秘書資格試験合格
1994年:林義郎氏の政策秘書となる

衆議院議員である父の政策秘書として本格的に始動といったところでしょうか。

1995年:参議院議員選挙で初当選

第17回参議院議員選挙、山口選挙区で当選。

この後、2021年までは5期に渡り参議院銀で理事や大臣など数々の要職を担う。

2021年:衆議院議員選挙で初当選

第49回衆議院議員総選挙、山口県第三選挙区で初当選。

5期に渡って参議院議員をされていたんですね。

しかし、2012年や2017年にも鞍替えを考えたいた様ですが大人の事情が色々と絡まっての2021年での初当選となった様です。

−3|大臣の経歴

林芳正氏は数々の大臣を歴任してこられています!

  • 2008年:防衛大臣
  • 2009年:内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)
  • 2012年〜2015年:農林水産大臣
  • 2017〜2018年年:文部科学大臣
  • 2021年〜2023年:外務大臣

国のトップ組織の大臣をこれだけ歴任するとは・・・。

相当優秀であり経験が無いと難しいことでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次